ドラム

ドラムのビートとは?色々な種類を体感しながら名前を知ろう


リズムを作る上で

重要な情報、考え方である

ビート

についてここでは説明します。

 

このビートを理解していること

リズムを作る

つまり、乗りを作る上での基礎

となります。

 

リズムの考え方、乗りについてはこちら

音楽のリズムを記号含め解説!基礎とその効果、役割について

 

今回は要点だけに絞ります。

最終的に抑えるのは1つだけですので、

しっかり理解しましょう。

 

続きを読む

ドラムの作曲の仕方を徹底解説!打ち込みでも基礎を抑えよう


ここでは

ドラムパートの作曲の仕方

を説明します。

 

 

ドラムはハーモニー、メロディを

担当することがなくリズム専門パートです。

そのため、

リズムの最も基礎となるところになるので

しっかりと抑えていきましょう。

 

また、

生演奏のドラムパートでも

近年では多く使われる打ち込みでも

共通する作曲の仕方なので

ここで基礎を固めましょう。

続きを読む

ENDLESS RAINのドラムリズムを詳しく考察

ex1-1-1_title
X JAPAN初のバラード曲でもあり、

ライブでは必ず演奏される

ENDLESS RAINのリズムパターン

について考察します。

 

1曲を通して王道の刻み方から

特殊な刻み方も織り交ぜており、

聴いてて心地よいバラードの乗りを

出しているのが感じられます。

 

BPMも76~80程度であり、

バラードのジャンルとして王道な

数値と言えます。

続きを読む

ドラム譜の読み方はちょっと特殊!音符、記号にも注意

1-8-1_title
これまでの音部記号では、

それぞれで音の高さを

表すことを説明してきました。

 

それぞれの音部記号で紹介した

扱われるパートで大体のパートは

揃ってきたのではないかと思います。

 

しかし、足りないパートがあります。

タイトルにもなっているので、

お気づきかと思います。

 

そうです、

ドラム

です。

 

クラシック、ブラスバンド的な言い方ですと

パーカッション

でしょうか。

 

今までは音の高さを表すという視点で

説明をしてきましたが、

ドラム、パーカッションは

音の高さが明確にありません

 

厳密に言うとある、

また、完全な絶対音感を持っている人は

音の高さを認識していますが、

一般的にドラム、パーカッションは

音の高さを認識していないので、

音の高さはないものとしてここでは扱います。

(余談ですが、絶対音感を持っている人は

手を叩く音を「Eのフラット」などと

認識するようです)

 

それでは、

音の高さを持たないものを楽譜でどう現すのか

見ていきましょう。

続きを読む